312446

ワイン資格の最高峰!

ワインに丸みを与え、S ソアーヴェ(I-541)との違いを出すために、少しだけ樽を使います。畑は、ソアーヴェ地域の外で、ヴァルパンティーナの丘の斜面に位置します。標高は100~300m、南東向きです。冷涼で穏やかな気候は、葡萄をゆっくりと成熟させ、香りと酸を保ちます。土壌はやせていて白亜質、葡萄樹にストレスを与え、素晴らしい品質の果実を造り出します。酸化防止剤を加えず、ニューマティックプレスで全房圧搾します。果汁はすぐに冷却し、自然に落ち着かせます。1,200 hLのステンレスタンクで、12~14度で発酵させます。4ヶ月澱と共に寝かせます。丸みを与えるため、20%を500Lの樽(新樽でない)で2~3ヶ月熟成させます。瓶詰まで1,200hLのステンレスタンクで温度管理の下、寝かせます。ソアーヴェに全く引けをとらない品質です。

「よく熟した白桃を思わせる香り、生き生きとしてフレッシュ。かすかにバニラの香りが感じられる。リッチでドライな口当たり。心地よい果実味を感じるフィニッシュ。非常にクリーンで良くバランスがとれている」(デイヴィッド グリーヴMWのコメント)

※画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。